【VWポロ9Nエンジン不調】スパークプラグ交換レポート!【現役自動車整備士が解説】

ポロ 9N

こんにちは、すすてっくです。

今回はフォルクスワーゲンポロ(9N)の加速不良修理レポートです。

症状を確認するとアイドリングは正常ですが走行すると明らかに失火してまともに走りません。

エンジンチェックランプは点灯しておらずDTCも残っていない状態でした。

車両情報

型式:GH-9NBKY

初年度:17年3月

走行距離:17万キロ

関連記事 VWポロ(6R)のバッテリー交換リセット手順や費用を徹底解説!

加速不良の原因はスパークプラグ

今回のように

  • アイドリングは正常
  • エンジンに負荷がかかると失火する

といった症状の場合、経験上スパークプラグのギャップ不良の場合が多いです。

スパークプラグを取り外してみるとこんな状態

電極がかなり摩耗していますね。走行距離17万キロですが1度も交換されていないようでした。

ギャップを調整し試運転すると症状が治まったので加速不良の原因はスパークプラグで確定です。

ボッシュ社のスパークプラグFR7HPP33+に交換させていただきました。

VW/アウディのイグニッションコイル取外しは専用工具が必須

ところでフォルクスワーゲン/アウディのイグニッションコイルは基本的に刺さっているだけなのですがこれが物凄く固いです。

下手に外そうとすると部品が傷だらけになったり最悪破損してしまいます。

そういうわけでフォルクスワーゲン/アウディのイグニッションコイルを取外すためだけの専用工具が存在します。

その名もイグニッションコイルプーラーというのですが、これを使用することで傷つけることなく安全に取り外しが可能になります。

輸入車整備もするなら必須工具の1つです。

フォルクスワーゲンポロ(9N)のスパークプラグ交換費用

項目数量単価金額区分
スパークプラグ4.02,0908,360部品
工賃1.06,9306,930工賃
総額(消費税込)15,290円

費用はあくまでも目安です。

修理代を節約したいなら輸入車専門店がおすすめ

ディーラーの修理代は高い!と悩まれている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのが輸入車修理専門店「buv.LABO」です。

buv.LABOの特徴
  • 全国に200店舗以上加盟店があるので全都道府県対応可能
  • 専用テスター完備で全ての輸入車メーカーに対応可能
  • ディーラーレベルの品質で20~30%のコストダウンを実現
すすてっく

無料で見積もり、相談できるのでお気軽にお問い合わせください。

CHECK! 無料見積もりはこちらから

全国200社の工場が対応【輸入車修理専門店/buv.LABO】即日入庫可能【見積もり・電話相談無料】

まとめ

  • アイドリングは正常でもエンジン負荷がかかると失火する場合スパークプラグ不良が考えられる。
  • フォルクスワーゲン/アウディのイグニッションコイルを取外すには専用工具が必須
  • フォルクスワーゲンポロ(9N)のスパークプラグ交換費用は約15,000円

今回はフォルクスワーゲンポロ(9N)の加速不良修理レポートをご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ABOUT US
すすてっく2級自動車整備士 自動車検査員
現役自動車整備士です。自動車整備や工具に関する情報を発信しています。