マツダ・ビアンテのバッテリー交換費用やリセット手順まとめ【現役自動車整備士が解説】

こんにちは、すすてっくです!

今回はマツダ・ビアンテのバッテリー交換費用やリセット手順についてご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

この記事の内容
  • バッテリー適合情報
  • おすすめのバッテリー
  • バッテリーの交換手順
  • バッテリー交換後のリセット手順

関連記事 マツダ・プレマシーのバッテリー交換費用やリセット手順まとめ

ビアンテのバッテリー適合表

車両型式備考新車搭載
DBA-CC3FW 55D23L
DBA-CCEAW4WD 55D23L
DBA-CCEFW2WD 46B24L
DBA-CCEFWi-stopスマートエディションN-55+26B17L
DBA-CCFFWSKYACTIVQ-85

車両型式は車検証をご確認ください。

マツダ・ビアンテの新車搭載バッテリーは標準車の場合55D23Lもしくは46B24Lで、アイドリングストップ車の場合N-55+26B17LもしくはQ-85です。

車両型式で判別できます。

バッテリーのサイズの見方は以下を参考にしてください。

標準車(充電制御車)用

例)40B19Lの場合

記号の意味変更
性能ランク(数字が大きい程性能が高い)
バッテリーの短側面のサイズ×
バッテリーの長さ(cm)×
端子の位置×

アイドリングストップ車用

例)M-55Rの場合

記号の意味変更
外形寸法の区分×
 性能ランク(数字が大きい程性能が高い)
端子位置(Lは記号なし)×
バッテリー外形寸法区分
標準車用ISS用標準車用ISS用
B17JD26S
B19KD31T
B20ME41U
B24NF51V
D20PG51W
D23QH52X

ビアンテのバッテリー交換費用の目安

55D23Lの場合

実店舗ネット
バッテリー¥30,000~¥12,000~
工賃¥1,000~¥0~
合計費用¥31,000~¥12,000~

費用はあくまでも目安です。

全く同じバッテリーでもネット通販なら実店舗の半額以下で購入できる場合があります。

実店舗でいきなり交換せずに見積もりとネット価格を見比べてからの交換をおすすめします。

バッテリーの保証期間と交換時期の目安

保証期間交換時期の目安
標準車3年3~4年
アイドリング
ストップ車
2年2~3年
ハイブリッド車3年3~4年

近年のバッテリーは突然上がることがあるので通常使用の場合、保証期間+1年以内の交換をおすすめします。

もしすでにバッテリーが上がって困っているという方は24時間365日営業【カーバッテリー110番】 をご利用ください。

プレマシーにおすすめのバッテリー

すすてっく

僕のおすすめはパナソニック・カオスとBOSCH・ハイテックシリーズ!

バッテリーは信頼できるメーカー製品を選びたいですね!

55D23Lの場合

46B24Lの場合

N-55+26B17L

Q-85の場合

ビアンテのバッテリー交換方法

ビアンテのバッテリーはエンジンルームに搭載されています。

交換の際は時計やナビ、ECU等がリセットされるなどのトラブル防止のためメモリーバックアップの使用をおすすめします。

使用工具

メモリーバックアップの使用方法

すすてっく

愛用のカーメイトSA203の使用方法です。

このメモリーバックアップは簡単で失敗が非常に少ないのでおすすめです!

STEP

モバイルバッテリーを接続する

まずSA203にモバイルバッテリーを接続します。

接続すると赤いランプが1個明るく点灯します。

STEP

車両のOBDカプラーに接続する

次にSA203を車両のOBDカプラーに接続します。

OBDカプラーはほとんどの車種で運転席足元付近にあります。

STEP

赤いランプが2個点灯したら接続完了

OBDカプラーに接続し赤いランプが2個明るく点灯したら接続OKです。

この状態でバッテリーを交換します。

交換手順(標準車)

①バッテリーカバーを外す

左右のクリップを引っ張ってツメを外し、バッテリーカバーを取外します。

②バッテリーダクトを外す

プッシュリベットを抜きバッテリーダクトを外します。

③バッテリーステーを外す

ナット(10mm)を緩め、バッテリーステーを外します。

使用工具

④バッテリーマイナスターミナルを外す

ナット(10mm)を緩め、バッテリーマイナスターミナルを外します。

使用工具

⑤バッテリープラスターミナルを外しバッテリーを交換する

同じようにナット(10mm)を緩め、バッテリープラスターミナルを外します。

使用工具

あとはバッテリーを交換し逆の手順で組付けます。

ビアンテのバッテリー交換後のリセット手順

バッテリー交換後は以下のリセット作業が必要になる場合があります。

メモリーバックアップを使用した場合はアイドリングストップ以外リセット不要です。

パワーウインドウの初期化
  1. イグニッションONにする。
  2. 運転席ドアガラスを全開にする。
  3. P/Wスイッチを引上げ(マニュアル操作位置まで)ドアガラスを全閉にし、約2秒間保持する。
スロットル学習

イグニッションONにして5秒間待つ。

アイドリングストップ(搭載車のみ)
  1. バッテリー交換後、ボンネットを閉じる。
  2. i-stop表示灯 (橙) がすでに点滅している場合は、OBDテスターでDTCを消去する。
  1. エンジンを完全暖機する。(電気負荷無し)
  2. エンジン・スイッチをOFFにする。
  3. エンジン・スイッチをON後、5秒以内にi-stop OFFスイッチを3秒間長押しする。
  4. i-stop OFFスイッチを押したままエンジンを始動する。
  5. i-stop OFFスイッチを放し、再度長押しする。
  6. i-stop表示灯 (緑) が点滅することを確認する。
  1. i-stop 表示灯(緑)が消灯するまでアイドル状態(電気負荷無し)を維持する。
  2. エンジン・スイッチをOFFにし、再始動後i-stop制御によるエンジン停止、および再始動が行われるか確認する。

まとめ

  • ビアンテ(標準車)の新車搭載バッテリーは46B24Lか55D23L
  • アイドリングストップ車の新車搭載バッテリーはN-55+26B17LかQ-85
  • バッテリーはカオス、BOSCH、VARTAがおすすめ
  • バッテリーの購入はネットを利用することで数万円節約できる

今回はマツダ・ビアンテのバッテリー交換費用やリセット手順についてご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT US
すすてっく2級自動車整備士 自動車検査員
現役自動車整備士です。自動車整備や工具に関する情報を発信しています。